書道を始めて5年。 技術はまだまだだけど、見る人の心に届く書を求めて筆を握る日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私らしい字、私にしか書けない字
高校から本格的にお習字では無く「書道」を始めた私。
今現在書道歴は丸5年になります。

最初は古典の臨書も沢山しました。
空海の風信帖を始め、中国・日本の行・楷を主に倣ってきました。
草書・仮名・篆・隷は、高校1,2年の書道の授業中にかじった程度です。

でも、ずぅっとコンスタントに書いて来たのは、

漢字仮名交じり。

古典の臨書もままならない頃から、
だいぶ色々書いてみて、だんだんと自分の字の癖や、
運筆の好み、作風の好みが分かって来た時も、
大学に入って、
本当に自由に、何でも、好きなように書いていい環境になった今でも。

最近では、漢字仮名交じりだけでなく、
英語や数字も組み合わせた近体詩を書いています。


来月、私が所属する福岡学生書道連盟から、
「書道研究誌」が発行されます。
みんなで原稿を持ち寄って、学生の手で製本するものですから、
そんなにたいそうなものでも無いですが、
(あっ、ここ編集委員長も見てるや;;ええっと、たいそうなものでもないっていうのは、あれです、謙遜とかいうやつです多分)

えっと、何て言ったらいいの?(苦笑)

そう、本当に「手作り」な、一冊になります。

今回はその中で、
自分が書いている書体について魅力を語る、というテーマが出ました。

原稿の締め切りまで、

どうして自分が漢字仮名交じりを書いているのか、
考えてみようと思います。

なお、此処では、検索エンジン等にひっかかりやすいように、
敢えて「漢字仮名交じり」と言っています。
6月16日に書いたもの
SANY0205.jpg

またもや半切に4行。
なんか今縦4行の波が来てます、自分の中で。

敢えて作品だけトリミングせずに載っけてみます。
幹事に持ってもらってます。
後ろで寛いでる前幹事(がらたん)の足元が涼しげです。
夏だな~~~♪

以下釈文。


[6月16日に書いたもの]の続きを読む
6月14日に書いたもの(その3)
真面目に書いてたら疲れたので遊びに走りました。
(うちの大学って素晴らしい:この部で良かった)
最近好きでよく聴いてるBENNIE Kの、143という曲を書いてみました。
例によって半切です。歌詞の詳細はうたまっぷでどうぞ。
SANY0194s.jpg

3,4枚は書いたんですが、行数違いの2枚をあげてみます。




SANY0198s.jpg

こんな感じです。




超テケトーに書いてますが、テケトーに書いてる字って、自分らしさが出る気がするので、遊びの書も大事だと思います。

んで、こんな遊んで書いてるのも先生はしっかり見て下さるのですが、いつも有難いご指導を頂けます。
この作品に関しては、英語も仮名も片仮名も漢字も数字も混じってるから、それぞれの字を色々と遊んでみて、よーーーく見ると「あれ?これ平仮名なんだ?」って分かるくらいに崩して、でもぱっと見、全体で見ると1作品として見れる、みたいなのも面白いですね。と仰られました。

ふむふむ。
私は一字一字の字の形を取るのはある意味巧いんですよ。いわゆる、綺麗な字。けど、作品として全体で魅せるのを書けない。

一字一字を崩してみる練習が必要ですね。

やっぱり、今私が書いてるのは、全体として見ると面白くない。
強調したいとこ、見せ所、は意識して書いてるけど、それ以外の所も地味にうまいこと書けてしまってるから、全体がつまんなくなってる。

綺麗な字と褒められるのは、
ノートだけでいいっす。

味のある字が書けるようになりたい。



そうそう、
私がこんな遊んでる間に、隣では副幹事が真面目に臨書してました。

SANY0200s.jpg

色んな人が居て自由な空気の中で書けるうちの部が大好きです。




6月14日に書いたもの(その2)
SANY0189.jpg
九十九里も百道も正しい。(またかよ
半切に横で書いてます。
こういうスタンダードなスタイル?の仮名交じりは実は結構苦手。でも練習はしてます。

SANY0190s.jpg


全体はこんな感じ。


SANY0191s.jpg


一部アップ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。